無料カウンセリングお申し込み
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

よくある症状

不妊治療・不妊検査の心得

妊娠を強く希望して、不妊治療・不妊検査のために医療機関を訪れる人が増えています。しかし、不妊にはいわゆる痛みなどの自覚症状があるわけではないので、どの時点で不妊治療・不妊検査で医療機関を訪ねればいいか迷われるようです。 
不妊治療の第一歩として、不妊の原因を調べる不妊検査は、男女双方が受けることが大切です。女性が受ける不妊検査は、長時間かかったり、痛みを伴うものもあります。また、月経周期に従って必要な検査が行われるため、全ての検査が終わるまで数ヶ月かかることもあり、精神的にも負担が大きいのです。男性の不妊検査は、比較的簡単で痛もないので、男性が初めに検査を受けたほうが、女性の心理的負担は軽くなります。 
女性の不妊検査
初診時には、年齢・結婚年数、過去の病気、月経周期、避妊期間、性生活などを質問されます。あらかじめ基礎体温表をつけておくと、効率よく検査が受けられます。 
①卵巣機能を見る検査
基礎体温を継続して測定し、排卵があるかどうかを調べます。但し、低温相と高温相が確認されても、実際には排卵がない場合があるので、女性ホルモンの分泌検査も一緒に実施します。 
②卵管の検査
卵管に炭酸ガスを通して調べる卵管通気法により、卵管の通り具合を調べます。また、子宮から造影剤を入れ、X線撮影を行い、卵管の通過性や周囲の臓器との癒着の有無、子宮内異常を確認することもあります。また、卵管通気法で炭酸ガスを通すことで、卵管の通りがよくなり、妊娠する場合もあります。卵管は精子と卵子、及び受精卵の通路です。また、その卵輸送や精子の上昇に際し、機能的な働きもし、受精の場でもあります。女性の不妊原因で卵管因子が最も多く、この検査は重要です。 
③子宮内膜組織診
子宮内膜の一部をとって、受精卵が着床しやすい環境が整っているか検査します。内膜の器質的疾患やホルモン感受性などがわかります。 
④超音波検査
超音波を発信する細長い探触子を膣から挿入し、卵巣や卵管、子宮の状態を診る検査です。これによって、排卵の有無を知ることができます。 
⑤性交後検査(フーナー検査)
性交後に、子宮頚部の粘膜を調べ、精子との適合性を診る検査です。 男性の不妊検査 
①精液検査
精液の量や粘度、精子の数や運動量などを調べます。精液をとるだけでできる簡単な検査ですが、反復検査して結論をだします。 
②睾丸組織検査
精液検査で無精子症や極端な精子寡少症の場合、睾丸の組織を調べ、造精現象の有無を調べます。 
免疫抗体
免疫とは、もともとは体の中に入った病原菌などの異物から体を守るためのメカニズムです。体の中に異物が入るとリンパ球の働きでその物質だけに結合する抗体が作られ、これがその異物を排除するのに大切な役割を果たしています。精子は女性のからだにとって異物です。したがって、夫婦生活により女性の体内に精子が入ると、それに対する免疫反応として、抗体ができることがあります. 
抗精子抗体
頚管粘液の中に、精子に異常を与えるような抗精子抗体と呼ばれる抗体を持っている方では、射精された時は問題がなかった精子が頚管粘液に触れると動かなくなったり、受精する能力がなくなったりします。これを抗精子抗体といい、原因不明不妊症の約13%に認められます。 
抗体があまり強くないときにはまず、精子を洗浄して子宮の中に入れる人工授精を何回か試してみます。それでも妊娠しないか、あるいは抗体が強い場合には、体外受精を受けないと妊娠は難しいでしょう。体外受精では抗体の全く無いところで受精することができるので、抗精子抗体に関係なく妊娠することができます。 
東洋医学では免疫力を上げて、抗体が出来にくくしていきます。これはアレルギーなどの治療でも同じことが言えます。

ページ上部へもどる