無料カウンセリングお申し込み
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

よくある症状

にきび

にきびって何故できるの?
にきびができ始めるのは、11~12歳頃からで、ティーンエイジャーを中心に、24~25歳くらいまでが多いといえます。にきびが思春期に多いのは、にきびの発症は性ホルモンの分泌に関連があるからです。 
にきびは毛孔(毛の生えてくるあな)に起こる疾患です。毛孔は、皮膚の奥の方で皮脂腺(脂腺)という皮脂を分泌をする腺とつながっています。皮脂腺から分泌された皮脂は、毛孔を通って皮膚の表面へと出ていきます。この皮脂が皮膚を保護し、しっとりと潤いを与えています。ところが、この皮脂が過剰に分泌されると、にきびができやすくなるのです。 
男性ホルモンには、この皮脂腺の働きを活発にし、皮脂分泌を亢進させる作用があります。男性ホルモンの分泌量が増えると、皮脂腺が刺激を受け、皮脂を多量に分泌するようになります。男性ホルモンは、男性だけでなく、女性にもあります。思春期には、女性でも男性ホルモンの分泌が、わずかながらも増えてきます。この為、男女共に思春期になると、にきびができることが多くなるのです。 
予防と治療
①こまめに洗顔する
にきび対策では、毛孔に皮脂を詰まらせないことが基本です。洗顔によって余分な皮脂を取ることが大切な予防法であり、治療にもつながります。石鹸を使用して丁寧に、石鹸成分を残さないよう、1日に数回洗顔します。できれば、ぬるま湯を使ったほうが効果的です。石鹸は普通のものでよく、特ににきび用、脂性の人用のものでなくてもかまいません。ただし、にきびができているときは、クレンジング剤やスクラブ入りの洗顔料などは、避けた方がよいでしょう。 
②頭髪、衣服がふれないように
頭髪や衣服などが患部にかかると、皮膚に刺激を与える上、髪や衣服が邪魔をして、皮脂の除去を妨げるので病状の悪化につながります。 
③化粧の方法
油性の化粧品は毛孔を塞ぐので、避けたほうがよいでしょう。最近は化粧品の研究も進み、毛孔を塞がないタイプのものも増えています。皮膚への粘着性の低いものを選んだり、にきび対策用の製品を使うのもよいでしょう。又、にきびを隠そうとして厚化粧をする人もいますが、これもにきびを悪化させる原因となります。 
④月経前の注意
女性では、月経前に悪化する人が多いようです。月経前にはホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンの働きが強くなることがあるからです。月経前には特に洗顔など、にきび対策を徹底してください。 
⑤日常生活での注意
「規則正しい生活をする」「睡眠を十分とる」「バランスのとれた食生活を送る」など一般的に健康に良い生活を心がけてください。例えば、夜遅く帰って、化粧を落とさずに寝てしまうというような生活は、健康にもよくありませんし、もちろんにきびにもよくありません。 
⑥その他
肌のタイプがいわゆる脂性(皮脂の分泌が多い)の人は、にきびができやすいといえます。又、にきびは季節でいえば夏にできやすくなります。夏は皮脂の分泌が増える上、汗が毛孔を塞いだりするので、不潔になりがちで、細菌が増殖しやすいからです。特に夏には洗顔などにきび対策を講じて下さい。 
チョコレートやナッツを多量に食べるとにきびができると思っている人が多いようですが、これは医学的に証明されたことではありません。チョコレートやナッツを食べないことより、バランスのとれた食生活が大切です。 
にきびができると、爪でつぶしたりしがちです。中の皮脂を押し出そうとしても、爪で押すというやり方では、完全に押し出すことができません。毛孔の出口をつぶすことにもなり、にきびを悪化させます。傷痕を残すことにもつながるので、自分でつぶすことは絶対にさけてください。

ページ上部へもどる