36歳多嚢胞性卵巣症候群妊娠おめでとうございます

36歳多嚢胞性卵巣症候群で高プロラクチン血症がある為、カバサールを服用中。

のぼせがあり、顔が赤くなる。めまい、立ち眩みがあり、肌あれが気になる。

脂濃いものを食べると胸やけがする。便秘。咳喘息あり。

他の漢方薬局で、加味逍遥散、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸料加ヨク苡仁を服用していた。

結婚3年で一度流産をしているが、妊娠希望でご来店。

来られた時の顔が赤ら顔で吹き出物で肌があれ、身体に熱がこもっている感じがしました。

まず熱を取りながら血流を良くすることを考え、

黄連解毒湯と桂枝茯苓丸料加ヨク苡仁を処方しました。

手足の冷えは少しはあると答えられましたが、これはお血ととらえ、

桂枝茯苓丸料加ヨク苡仁のみで対処し、多嚢胞性卵巣症候群の排卵を促すようにしました。

熱がこもると、身体に余分な脂肪やその他さまざまな不純物がたまり、

体調をくずす原因になります。身体から余分な要素を取り除き、体調を整えることで

母体を健康にさせます。この熱を取るのに黄連解毒湯を処方しました。

すぐに効果が現れ、服用1か月で妊娠が確定しました。

女性はどちらかというと冷えのタイプで補う方が多いのですが、

今回は余分なもの(熱)を取り除く方向でうまくいきました。

妊娠おめでとうございます。