37歳習慣性流産、夫婦で服用 妊娠おめでとうございます

37歳3回妊娠して3回流産をして習慣性流産と診断されました。

3回のうち、心拍が確認されたのは1回です。

不育症の検査を受けても異常なし。

唯一甲状腺の検査で異常があった為、チラージンを服用中。

胃腸が弱く緊張すると胃痛や下痢になります。

腰痛、頭痛持ちで手足、お腹が冷えます。

生理前になると鼠径部が痛み、月経量が多く塊もでます。

出血が多く冷えがあるので、流産防止と血を増やす処方きゅう帰膠艾湯を処方しました。

その後脾虚の症状があらわれてきたので

六君子湯を追加しました。

脾とは生命を維持する為に必要な目に見えないエネルギー(気)を作り出すところです。

脾虚の症状は、胃腸が弱く、食欲もなく、風邪をひきやすい、手足がだるい、

体が冷えやすい、疲れやすい、すぐあざができやすいなど免疫力も弱いタイプです。

 

不育症の検査に異常がなかったので、受精卵の染色体異常を防ぐのは

精子の状態も大切な要素になってきます。

その為ご主人様にも漢方薬を服用してもらいました。

ご主人様はストレスがあって胸脇苦満や下痢や顔に汗をかきやすく

夏はじんましんが出ます。年齢は42歳です。

ストレスは精子には悪影響ですので、四逆湯+黄連解毒湯を処方しました。

服用20日で体重が2Kg減りお腹周りがすっきりしてとても調子がいいようです。

 

漢方薬服用から3か月で妊娠反応が陽性になりました。

ここからが大切な時期です。つわりと新陳代謝を上げて身体を温めるようにしました。

人参湯と小半夏加茯苓湯です。今現在心拍も確認でき安定期に入り順調に育っています。

妊娠おめでとうございます。