35歳卵巣嚢腫 妊娠おめでとうございます

35歳、卵巣嚢腫で手術。中々妊娠できず、体外受精を試みるが着床しない。

その為、着床を良くしたいと漢方薬を希望されご来店。

手足やお腹の冷えが酷く、月経周期も長め。生理前は、ねむけや腹痛、下半身の痛みがある

生理痛もひどいが、経血の量は少ない。足、ふくらはぎが浮腫む。

この方は経血量も少なく、冷えがあるので血虚タイプとみました。

血虚とは血の持つ栄養及び滋潤作用の低下です。

血虚になると、皮膚に色艶がなく、肌ががさつく、頭がぼーとする、

冷え性、立ちくらみ、髪の毛が抜けやすい、細くなる、月経量が少ないなどの症状がでます。

当帰芍薬散は、血虚、水毒により多彩な症状がでます。

貧血、腹痛、めまい、全身倦怠感、生理不順、月経困難症、不妊症などに用いられます。

今回は冷えが酷かったのでエキス顆粒ではなくて、煎じ薬にしました。

2か月後妊娠が確定しました。やはり煎じ薬で急速に体が温まり血流が良くなったようです。

漢方薬の種類は、錠剤、エキス顆粒、散剤(原末)、煎じ薬と色々な種類があります。

飲みやすさや手間などそれぞれにメリットデメリットがありますが、

早めに身体を立て直す場合は、煎じ薬が早いように思われます。

ただ、忙しいなど生活環境によっては煎じる手間が難しいなどの場合は、

エキス顆粒でも十分効果があります。

お気軽にご相談いただければ大丈夫です。

妊娠おめでとうございます。