38歳甲状腺機能低下妊娠おめでとうございます

38歳甲状腺機能低下でチラージンSを服用。

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)、フーナーテストで精子が0

AMH1,7 子宮鏡で子宮内膜が荒れていると診断される。

手足が冷えやすく、動悸、息切れ、頭痛、立ち眩みがある

生理痛があり、経血は少ない、塊がある。PMSはイライラする

基礎体温は高温期がガタガタでメンタルはすぐ落ち込む。

まず子宮が荒れているという診断でしたので、キュウ帰調血飲の煎じ薬で

子宮をきれいにすることにする。

便秘と顎にニキビが出始めたので、お血と判断して芎帰調血飲第一加減に変更

お血が取れ始めたころ、安胎の薬といわれている当帰芍薬散に変更

高温期が続いたので、検査をすると妊娠が確定しました。

キュウ帰調血飲第一加減法は、血を補いながら、気のめぐりを良くして、

お血を改善して行きます。骨盤内の炎症や生理不順、生理痛に用います。

甲状腺値が低下しても薬が必要ない範囲でも、

妊娠を希望される場合はチラージンSを補充します。

子宮内膜が荒れていることから着床障害が出ることがあり、

それを整えることで妊娠に繋がったと思います。

妊娠おめでとうございます。