妊娠と脳の関係

女性ホルモンと脳の関係についてお話します。

今まで生理周期も正常で、女性ホルモンも正常、子宮、卵巣にも問題がないと言われ、

でも妊娠できない方の中に妊娠を意識して、不妊治療を始めた途端、

周期は乱れ、無排卵になる方がおられます。

漢方薬を処方する場合は、全身の状態をお聞きします(問診)

問診の中で出てくる言葉にキーワードがあります。

①いつも妊娠のことばかり考えている

②生理が来るたびに落ち込み、このまま妊娠できないのではないか

③体外受精をしても卵胞が取れないので、また失敗するのではないか

④着床ができないのは、子宮が悪いせいだ

⑤AMHが低いので、卵巣が働いてくれない

⑥常にマイナスのことばかり考えてしまう

⑦妊娠できない自分を責めてしまう

⑧頑張っても結果が伴わない、何をすれば良いのか。

あげるとたくさんあるのですが、どれも脳にとっては悪いイメージばかりです

 

以前NHK特集で放送されました

長引く腰痛の原因は脳!

①がんや外傷、感染などの重い脊椎疾患は疑われるもの

②まひやしびれ、筋力の低下などの神経症状を伴うもの

③原因が特定できない非特異的腰痛(ぎっくり腰やストレスが原因となっているもの)

に分類すると、③の非特異的腰痛が全体の85%を占めるとの研究があるといいます

非特異的腰痛は、職場での人間関係や仕事の多さ、仕事上の不満、うつ状態などの

心理的な要因が関与している強い証拠があり、認知行動療法などの精神医学療法が有効だとしました

 

話はそれましたが、女性ホルモンも脳と関係します。

妊活されている女性は誰でも頑張っています。

時間もお金も体力もかかります。クタクタになりながらでも頑張っています

それが悪いイメージで打ち消し、無駄にしてしまいます

日々不安も出てくるでしょうが、卵巣子宮も体の一部です。

良い卵胞が育っている、受精卵が子宮の中でゆったり育っていると

イメージしてください。

それでも生理が来ても、卵巣子宮にいつも頑張てくれてありがとうとねぎらいましょう

そうすることでどんどん体調がよくなってきます

良くなっていく実感ができたころ、コウノトリがやってきます。

今まで脳にアプローチすることで、たくさんの方が妊娠されています

 

脳にアプローチする漢方薬は色々あります

その紹介は次回にします。楽しみにしてください。