排卵のしくみ

排卵のしくみ

妊娠に必要な事は、まず排卵することです。

では、その排卵はどのようにして起こるのでしょうか。

卵巣から卵胞が大きくなり排卵しますが、その過程にはが重要な役割をします。

脳は卵胞を育てさせ排卵させている司令塔になります。

特に視床下部の神経細胞Gn-RHニューロンが全てを指揮します。

脳の中の間脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモン

= ゴナドトロピン放出ホルモン 

= Gn-RH(Gonadotropin-releasing hormone)の指令で

下垂体から卵胞刺激ホルモン

= FSHLH(ふたつをゴナドトロピンと呼びます)が分泌されます。

血流に乗って卵巣に届いたFSHLHは、卵巣の中の卵胞を刺激して大きくなります。

卵胞は成熟しながらみずからも、卵胞はエストラジール(E2)女性ホルモンを

分泌し、E2の量がピークに達するとGn-RHからLHを大量に分泌されます。

この現象をLHサージと呼び、排卵検査薬はこのLHの量で判断します。

LHサージを受けると、卵胞が排卵します。

排卵後、LH黄体ホルモンを出させます。

月経開始とE2の低下は、ただちにGn-RHニューロンにキャッチされ

再びGn-RHの出番がやってきます。

この一定の周期は、25日~38日で繰り返されます。

月経のコントロールは、

脳の視床下部→下垂体→卵巣系のホルモンとなります。