無料カウンセリングお申し込み
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

漢方で出来る妊娠しやすい母体つくり

西洋医学も東洋医学も不妊治療って一緒だと考えていませんか?

西洋医学も東洋医学も良い所があります。不妊治療をする上でどちらか一辺倒になるのではなく、どちらのいい所を使ってほしいですね。一人ひとりの原因に合わせてうまく使って下さいね。

1. 不妊の原因を見つけること
2. 排卵を誘発すること
3. 女性ホルモンを一時的に補うこと
4. 妊娠のタイミングを合わせること
5. 子宮ポリープや卵管癒着等を治療すること
6. 受精のお手伝いをすること

妊娠しないのには何か原因があるはずです。西洋医学では何が原因なのか、様々な検査をすることで見つけ出し、それに対応する最良の処置を施していきます。西洋医学では具体的な原因がある症状に対して、おおむね良好な治療結果を発揮するのです。
ホルモンの分泌が少なければ薬や注射でホルモンを調整し、排卵がないのであれば排卵誘発剤を処方する。卵管が狭かったり、塞がっている場合には、卵管の通りをよくする治療をそのものを治療する局部治療が西洋医学の治療法です。医療技術の進歩などにより、その治療で妊娠し、出産する女性の数も増えています。
不妊治療は確かにすばらしい技術ですが、妊娠率は決して高い訳ではありません。人工授精で5~15%、体外受精で15~25%、顕微鏡受精ですら20~25%です。肉体的・精神的な負担はもちろんのこと、高額な費用がかかります。

1. 卵子の質を高めること
2. 着床しやすい子宮内環境を整えること
3. 女性ホルモンのバランスを整えること
これらを漢方薬で調整し、「妊娠しやすい体」を作ります。

漢方薬は夫婦共に何の問題もないのに子宝に恵まれないい方々を改善へ導きます。漢方では、不妊の原因を子宮・卵巣だけには求めず、体全体を見ます。漢方薬を使った妊娠しやすい母体つくりは母体全体にポイントを置き、子宮、卵巣を赤ちゃんの出来やすい環境にし、元気な赤ちゃんを産むため、母体を整え、作っていきます。漢方の妊娠しやすい母体つくりの良い所は、まず飲むうちに体調が良くなることを実感できます。不妊症は病気ではありませんので体のどこが悪いというのはなかなか自覚できません。
ですが、どこも悪くもないのに妊娠しないという方も漢方薬を服用する内に「疲れにくくなった」とか「ぐっすり眠れるようになった」などという自分でも気付かなかった体の不調を自然と気付くことが出来るのです。

お母さんに冷え症があれば子宮も冷たいでしょう。お母さんに便秘があると老廃物が血液に残り、十分な栄養がいきわたりません。子宮の状態が赤ちゃんにとって良いものになっていないと人工授精した時の成功確率も落ちてしまいます。
漢方薬は現代医療のように人工授精や顕微授精で妊娠に導くなど、ホルモン分泌が異常な時にホルモン剤を投与して生理周期を整えるといったダイレクトに妊娠に結び付くやり方ではありません。赤ちゃんを産む為にしかりとした土台づくりをする、つまりご両親の身体をまず健康にするという方法をとります。

漢方薬を使った不妊治療

ご両親の身体がベストな状態であるほど妊娠・出産という大仕事にも耐えられ、産まれてくる赤ちゃんにも、十分な生命エネルギーを注いで上げられます。 漢方薬を使った日常生活の改善で体調を整えればきっと健康な赤ちゃんが生まれてくるでしょう。出産後も継続してご両親、赤ちゃんが健康な状態であれば最良であると思います。

ページ上部へもどる