無料カウンセリングお申し込み
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

妊娠で大切なこと

妊娠をするためには、不妊治療だけでなく、ご夫婦の生活を見直してみることも大切です。
赤ちゃんを迎えられるように、ぜひお二人で協力して不妊改善に取り組みましょう。
漢方による体質改善のサポートと平行していただくことで、
より効果的に妊娠確立をあげていくことができます。

タイミングよりも夫婦生活を大切に

夫婦生活の回数を持つ

マンネリの解消

健康的な生活習慣

タイミングよりも夫婦生活を大切に
タイミングよりも夫婦生活を大切に
妊娠確立の高い時期について、最近の研究では、排卵日の5日前から~排卵日前日までが妊娠しやすいピークといわれています。
逆に排卵日当日は妊娠率が低下する傾向があるという研究結果が出ており、排卵日ドンピシャに性交渉をすることは、決して妊娠確立が最大ではないことがわかりました。

そのため、基礎体温をつけ排卵日を特定し、タイミングを合わせて性交渉をするよりも、定期的な夫婦生活を営むことが大切となります。
夫婦生活の回数を持つ
夫婦生活の回数を持つ
時折、何日か禁欲した後の方が妊娠率が高くなるか?というご質問を頂きます。
しかし、現在の科学ではそのような証明はされていないため、やはり性行為の回数と妊娠の可能性は正比例すると考えるのがベストです。
理想は週に2~3回程度ですが、妊娠を望まれる方はできる限り夫婦生活の回数をを持つように心がけることが、赤ちゃんを授かる一番の近道といえます。
マンネリの解消
マンネリの解消
夫婦生活だけではなく、長く続けていると様々な面でマンネリ化し、回数の低下につながったり、本来の機能を低下させてしまうことも。妊娠の確立は回数に比例しますし、やはりご夫婦の仲が良いほうが、お二人のもとへやってくる赤ちゃんにとってもベストですよね。

たまにはデートをする時間を設けたり、夫婦生活の場所を変えてみたり、いつもとは違った雰囲気を演出してみましょう。
いつまでも新鮮さを忘れないように心がけながら、夫婦生活を楽しんでみてはいかが?
健康的な生活習慣
健康的な生活習慣
不健康な身体が不妊につながりやすいのは、言うまでもありません。
特に運動不足や睡眠不足などの生活習慣の乱れから、夫婦生活の質や回数の低下につながることも。
ある研究では、運動不足を自覚している男性に1日おきに1時間のジョギングや運動を実行してもらった所、セックスの回数が30%増加したと報告をされています。

このように、健康的な生活習慣は、質の良い夫婦生活にもつながります。不妊に悩まれる方はぜひ、ご夫婦の生活習慣の改善にも取り組みましょう。
享福漢方薬局でできる、不妊改善のサポート

享福漢方薬局でできる、不妊改善のサポート

当店にご相談に来られるお客様の中には、不妊治療やご夫婦の努力だけではなかなか授からないという方が数多くいらっしゃいます。

享福漢方薬局では、その方の体質にあった漢方で不妊治療のサポートをすることはもちろん、
不妊に悩む方の心に寄り添い、様々な角度からアドバイスをし、心と身体の両方から不妊改善のお手伝いをいたします。

不妊と向き合い続けて約30年と、豊富な経験と実績から、
数多くの方より「赤ちゃんを授かりました!」という、うれしいお声を頂いています。

不妊治療というと、多くの忍耐や負担がかかり、何かと孤独になりがちです。

当店ではベテランの女性薬剤師がカウンセリングいたしますので、女性ならではのデリケートなお悩みも
一人で悩まずに安心してご相談にいらしてください。

実例のご紹介

お客様体験談

子宝報告

ページ上部へもどる