無料相談フォーム
初めての方へ
不妊~妊娠までの実例
お客様体験談
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

初めての方へ

肥満

35歳 B様
不妊歴4年、多嚢胞性卵巣症候群、コレステロール、中性脂肪が高い。脂肪肝、甲状腺ホルモンが高い、医師から体重を落とすように指導される。排卵誘発剤を服用したくないので、タイミングのみ。高血圧、花粉症、ダイエットをして、メタボリック症候群を解消し、妊娠しやすい体調に戻りたいと希望され、ご来店。158cm、75kg

疲れやすく、食後眠い。上半身はほてるが、お腹は冷える。上半身に汗をかき、寝汗がある。尿は遠い。睡眠は不規則。生理は不順で排卵までに時間がかかる。低温期に不正出血があり、月経量は多く、塊が出る。低体温、頚管粘液は解らない。 ストレスを感じやすく、落ち込みやすい。みぞおちが張る。卵巣がチクチクする。

胸脇苦満(肋骨の下側に張り)があり、ストレスがあって落ち込みやすく、脂肪肝もあるので、四逆散を服用してもらう。四逆散は感情が外に発散されず内にうっ積して起こすイライラや神経症状を治すもので、漢方薬のトランキライザーとも言われています。多嚢胞性卵巣症候群があるため、排卵しやすいように芍薬甘草湯とビタミンミネラルを配合したカキ肉エキスを併用して服用してもらう。同時に食事療法と運動、カウンセリングを開始。服用3ヶ月後、体重は3kg減で、ストレスも緩和されたが、まだ排卵までの期間が24日と長めなので、四逆散から、卵の成長を促がす柴芍六君子湯に変更。その5ヵ月後、月経から排卵まで17日となり、漢方薬服用8ヵ月後で、自然妊娠される。妊娠中、少し血圧は高めだったが、漢方薬を継続されて無事出産。妊娠中の体重は増えなかったが、赤ちゃんの体重は3000g近くあったので、脂肪が上手く燃焼されたようです。

費用は、漢方薬+健康食品全て合わせて、1ヶ月¥18,000です。

無料診断フォームはこちら

実例の一覧へ戻る

女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」

定休日

第1、3月曜日
第2、4土曜日
日・祝

TOP