無料相談フォーム
初めての方へ
不妊~妊娠までの実例
お客様体験談
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

初めての方へ

高温期の立ちがりがゆるやか、高温期が短い、黄体機能不全、男性不妊

27歳 B様
不妊歴2年、高温期の途中で一旦体温が下がる、月経周期は28日で正常。排卵痛があり、排卵後も下腹部痛が続く、生理前は、イライラやにきびなどのPMSがあり。生理後半にダラダラ出血が続く。他に子宮内膜症、慢性胃炎、緑内障がある。 冷え性や痛みなどが原因で妊娠しないのかと思い、漢方薬で妊娠しやすい母体作りを希望されてご来店。ご主人様は、精子の数が少ないために、一緒に漢方薬を服用されることをご希望される。

卵巣や下腹部の痛みがある日が多い。ストレスでイライラしやすい。胃酸が出やすく、胸焼けや吐き気がする口が苦く、喉が渇く。冷えがひどく、動悸、息切れがする。熟睡出来ない。緑内障で片頭痛がする。立ちくらみ、貧血、肩こり、のどがつまりやすい。

緑内障と胃の薬は病院で処方されているので、漢方薬は出さず。PMSがありストレスも強いので、ストレスを軽減する抑肝散加陳皮半夏+忘憂歓にしました。抑肝散加陳皮半夏は、イライラ、興奮しやすく、動悸を感じやすく、自覚的には吐き気やお腹がはるような症状が加わる神経症や不眠症に用います。深い眠りは、ストレスの多い現代社会で、疲れたからだをやさしくいたわってくれます。また、子宮内膜証で、卵巣痛、下腹部痛があったので、お血と考え、きゅう帰調血飲第1加減を併用しました。きゅう帰調血飲第1加減は、血を作りながら、胃腸を整えて、気のめぐりを良くしてお血を取っていく処方です。子宮筋腫や子宮内膜症などによく用います。

ご主人様は、精子の状態を良くするためにと、マカや亜鉛、コエンザイム、ビタミンなど色々なサプリメントを飲んでおられました。汗を顔にかきやすく、生唾が出やすい。足がほてり、冷たいものが大好きで、ガスが出やすい。夜は疲れてすぐ寝てしまう。

冷たいものが大好きで、体が冷えてしまい、お腹が張ってガスがでやすくなっていました。夜も起きていられないほど体力が低下しているようでした。そこで、基礎代謝を上げて体力をつけ、胃腸を整える小建中湯+おたね人参を服用してもらいました。小建中湯は体質が虚弱で疲労しやすく、血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿などがある胃腸の弱い方の体質改善に用いることで、精子の数をアップしていきます。

ご夫婦で漢方薬服用、3ヶ月後に自然妊娠されました。奥様は、ストレスを改善して睡眠の質をあげることで、寝ている間に、1日の疲れと次の日の活動力を蓄えることが出来、女性ホルモンのバランスが整ってきました。お血は、ストレスがあると悪化します。ストレスを改善することで、お血状態も早くよくなったようです。お血状態が良くなると、内膜の血流も良くなり、高温期中に体温が下がることが無くなってきました。ご主人様も冷たい飲食物の取りすぎで、体の基礎代謝が低下したことで、精子の状態も悪化していたので、基礎代謝を上げていけば、精子の状態もよくなったようです。もちろん、冷たい飲食物は控えてもらいました。

費用は、奥様は、漢方薬+健康食品全て合わせて、1ヶ月¥21,000す。
ご主人様は、漢方薬を何種類かの併用を合わせて、1ヶ月¥12,000です。

無料診断フォームはこちら

実例の一覧へ戻る

女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」

定休日

第1、3月曜日
第2、4土曜日
日・祝

TOP