無料相談フォーム
初めての方へ
不妊~妊娠までの実例
お客様体験談
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

初めての方へ

無月経

33歳 B様
一人目を出産してから、自力で生理が来なくなる無月経。FSH、LHとも低値。育児ノイローゼで、産後うつになる。体重が大幅減量し、2ヶ月に1回注射で生理を起こさせる。2人目を希望するが、排卵誘発剤クロミッドでも排卵しない。黄体ホルモンを服用するとむくむ。病院の治療+漢方薬で体調を整えたいという希望からご来店。

低体温で、冷えがひどく、お腹が冷たい。仕事や育児でストレスが溜まり、何でもない事が気になり、うつ状態で落ち込みが激しい。じんましんが出やすい。疲れやすく、肩こりがあり、下腹部が張ってくる。時々、卵巣痛がある。髪の毛の抜け毛が気になる。肌荒れがひどく、かさかさする。

血虚とお血が混同して、なおかつ自律神経の乱れがあるようでした。その為、血を増やしながら、お血を改善して、胃腸を整え、気のめぐりを良くするきゅう帰調血飲第1加減に、自律神経に良いといわれている11種類生薬から出来ている忘憂歓との組み合わせにしました。ただ、薬を服用するだけでなく、カウンセリングも実施しました。カウンセリングといっても、お話を一方的に聞いて、うなずくことの繰り返しです。でも、日頃の辛さや愚痴を吐き出すことで、精神的には随分楽になられたようです。1度だけ、注射で生理を起こしましたが、半年後妊娠されました。この妊娠には病院の先生も驚いたようです。ストレスから来る無月経は、ストレスを改善していくことで、FSH、LHが正常になり、ホルモンバランスが良くなっていきます。

費用は、漢方薬+健康食品全て合わせて、1ヶ月¥22,500でした。

無料診断フォームはこちら

実例の一覧へ戻る

女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」

定休日

第1、3月曜日
第2、4土曜日
日・祝

TOP