無料相談フォーム
初めての方へ
不妊~妊娠までの実例
お客様体験談
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

初めての方へ

無月経

28歳 A様
生理不順、初潮より年に3~4回しか生理が来ない。23歳の時に職場のストレスで、全く生理が来なくなる無月経になる。基礎体温も低温期のみで、高温期にならない。排卵誘発剤クロミッドやルトラール、ノアルテンなどをを服用すると生理が来るが、服用しないと生理が来ない。副作用でむくみが酷いために、出来れば自然な形で、生理不順を治して、妊娠しやすい母体作りを希望し来店。

アレルギー(鼻炎、ネコ、ハウスダスト)があり。冷えが酷く、立ちくらみやのぼせもあり、便秘気味。尿は近いがまぶたが浮腫む。不眠症で、不安感が強い。生理痛は、下腹部、腰痛があり、経血に塊がある。食べ過ぎると胃がつかえる。

普段から水分を取りすぎて、胃腸の負担が多く、むくみやつかえが出やすいようでしたので、六君子湯で胃腸を整えて、子宮卵巣に栄養が行き易いようにしました。それに、不眠、不安などの精神状態を安定させて、女性ホルモンのバランスを良くしていく加味逍遥散との合包にしました。加味逍遥散は、不眠、イライラなど心気症的傾向の不定愁訴があり疲れやすく、肩がこり、めまい、のぼせ、便秘傾向のある月経不順に処方されます。アレルギーが素因になるので、ハーブ療法も併用しました。半年後、自力で生理が来ましたが、排卵はしていません。排卵しやすいように桂枝茯苓丸を足していくと、1年後に排卵するようになりました。それから、生理がまた来なかったり、無排卵だったりを繰り返しながら、漢方薬服用後2年6ヶ月で、妊娠されました。途中、何度も生理が来ないことに、不安感や落ち込みがありましたが、途中で諦めず、良く頑張って服用を続けてこられたことが、妊娠につながったようです。

費用は、漢方薬を何種類かの併用を合わせて、1ヶ月¥19,500でした。

無料診断フォームはこちら

実例の一覧へ戻る

女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」

定休日

第1、3月曜日
第2、4土曜日
日・祝

TOP