無料相談フォーム
初めての方へ
不妊~妊娠までの実例
お客様体験談
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

初めての方へ

卵の育ちが悪い

29歳 A様
生理不順があるため、不妊検査をすると、子宮卵巣には、問題が無いが、卵が育ちにくい、育っても排卵しにくいと診断される。排卵誘発剤クロミッド+HMG+HCGでタイミングを取るが妊娠しない。回を重ねるごとに、排卵日がずれてきて、排卵後にもなかなか高温期にならず、高温期も低い黄体機能不全がある。排卵誘発剤以外で排卵できないかと思い、ご来店。

アレルギー(鼻炎、結膜炎、アトピー)があり、神経質で、いつも胃が痛み胸焼けがし、便秘ぎみ。口内炎も出来やすい。冷えは軽く、頭痛や立ちくらみがある。生理痛は鎮痛剤を飲まないといけないほど重く、量は多く、経血に塊が出る。

神経質でいつも胃にストレスをためているため、胃から子宮卵巣に十分に栄養を送れないようです。そこで、半夏瀉心湯で、胃腸を整えて、栄養を送りやすくする環境を整えました。生理の状態から、お血があるので、桂枝茯苓丸と素因にアレルギーがあるので、ハーブ療法を兼ねていきました。調子も良かったのですが、仕事上で、大きなストレスを抱えてしまい、アレルギーが悪化、その上自律神経の乱れから、眠れなくなり、頭痛、立ちくらみが酷くなりました。自律神経に良いといわれている11種類生薬から出来ている忘憂歓とコエンザイムQ10(体の中にもともとある補酵素のひとつで、体のエネルギーをつくる時にかかせない栄養素)と半夏瀉心湯で、ストレスからくる様々な体の不調を整えることで、また、基礎体温が良くなってきました。漢方薬を10ヶ月服用後、妊娠され、無事出産されました。アレルギーもストレスも免疫力や自律神経と関わり、女性ホルモンにも影響を与えます。胃腸を整え、栄養が子宮卵巣にいくことも、卵胞の育ちには大切な要素です。

費用は、漢方薬+健康食品で、1ヶ月¥21,000でした。

無料診断フォームはこちら

実例の一覧へ戻る

女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」

定休日

第1、3月曜日
第2、4土曜日
日・祝

TOP