無料相談フォーム
初めての方へ
不妊~妊娠までの実例
お客様体験談
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

初めての方へ

高プロラクチン血症

36歳 B様
不妊治療歴3年、高プロラクチン血症と診断されて、パーロデルやカバサールを服用するも、吐き気の副作用がきつく、断念。排卵誘発剤クロミッドやHMGを使用するも、排卵しない。基礎体温は、ギザギザで、病院での治療に疲れて、漢方薬の服用を希望されて、ご来店されました。

いつも胃が張って、吐き気や動悸があり、重苦しい。周囲の妊娠へのプレッシャーで、うつ気味になる。のどがつまり気味になり、足は冷たく尿が出にくく、むくみやすい。動悸、めまいもあり。生理痛もあり、月経周期が長く、何ヶ月も来ないこともある。

高プロラクチン値が高い方の多くは、ストレスとの関係があります。精神的ストレスで、うつ気味であるために、気のめぐりが悪いようなので、理気剤を中心に、茯苓飲+半夏厚朴湯を服用してもらいます。理気剤とは、気のめぐりを改善して気滞を治す方剤です。気滞は様々な病態に付随してみられます。漢方の古書には、「怒れば気上がり、喜べば気緩む、悲しめば気消え、寒すれば気収まり、熱すれば気泄るる、鬱すれば気乱れ、労すれば気耗し、思えば気結ばるる」とあり、色々な場面で気の症状は出てきます。追加で、月経周期も長く、生理痛もあるので、お血と考え、桂枝茯苓丸を併用しました。
1年後、ようやく生理不順も改善されて来たので、桂枝茯苓丸を温経湯に変更して、お腹の冷えを取り、最後に当帰散に変更して着床しやすくしました。漢方薬を服用して1年6ヵ月後、妊娠されました。この方は、出産されてからも、漢方薬を服用されて、2人目も41歳で、自然妊娠され出産されました。

費用は、漢方薬を何種類かの併用を合わせて、1ヶ月¥18,000でした。

無料診断フォームはこちら

実例の一覧へ戻る

女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」

定休日

第1、3月曜日
第2、4土曜日
日・祝

TOP