無料相談フォーム
初めての方へ
不妊~妊娠までの実例
お客様体験談
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

初めての方へ

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)

32歳 C様
不妊治療歴6年、ご主人様が重度精子障害があるため、体外受精を何度もされて、2回流産。ご本人も卵が育たない、卵の質が悪いというこで、採卵も出来ないことが多い。PCOもあり、排卵障害がある。生理不順になると、カウフマン療法を繰り返す。不妊治療は体外受精しか道が無いので、漢方薬で卵の質を良くして、排卵しやすい環境にしたいということで、友人の紹介で来店されました。

手足の冷えが酷く、お腹も冷えて、のぼせがあり、夢を見て、寝ている気がしない。首肩がこり、立ちくらみがあり、口が渇く、生理不順で疲れやすい。普段からおりものは、ほとんど無い。脂ものを食べると、胸焼けがする。

冷えが酷く、卵胞の育ちや生理不順など、腎の弱りがあるようでした。東洋医学でいう腎は西洋医学でいう尿を排泄する働き以外に、成長生殖などに影響を与えます。その為、先天的な生命力を蓄える場所=「先天の本」と呼ばれています。腎は排卵、月経、妊娠、精子の状態などの生殖、性機能を調節します。腎の弱りがあると、冷えも増してくるので、腎を強化して、卵巣子宮が正常な状態を取り戻していけるようにしました。腎を強化する六味地黄丸とお血を改善して血流を良くする桂枝茯苓丸で、生理不順を正常に戻すようにしました。六味地黄丸の中に含まれている地黄が胃に障ることがあるので、胃腸薬として安中散も追加しました。また、怖い夢をみることが多いので、加味逍遥散で自律神経を整えて、睡眠の質をあげました。
4ヵ月後、体外受精で、質の良い卵が取れて受精し、凍結しました。それで、子宮内膜の血流を良くして、着床しやすい環境にする為に、当帰芍薬散とおたね人参を2ヶ月服用されて、受精卵を戻し、妊娠されました。その後、一度切迫流産の危険もありましたが、乗り越えられえて、無事出産されました。我が子を抱くことは一生無理かもとあきらめていたので、非常に喜んでおられました。

費用は、漢方薬を何種類かの併用を合わせて、1ヵ月¥19,500でした。

無料診断フォームはこちら

実例の一覧へ戻る

女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」

定休日

第1、3月曜日
第2、4土曜日
日・祝

TOP