無料カウンセリングお申し込み
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

よくある症状

高プロラクチン血症

高プロラクチン血症とは
プロラクチンというのは脳下垂体から放出される刺激ホルモンで、乳腺を刺激して乳汁を分泌させるように働きますが、このプロラクチンホルモンの分泌が異常に亢進して乳汁分泌、無排卵月経などを起こすようになったものを高プロラクチン血症といいます。プロラクチンの血中濃度の正常値はおよそ15ng/ml以下です。プロラクチンが多量に分泌されると卵巣での排卵が抑えられてしまい、その結果生理が止まってしまう場合が往々にしてあります。プロラクチンの分泌がさらに増量すると、生理が止まるだけでなく、出産していないのにお乳が出てくるということになります。 
原因は流産後や人工妊娠中絶後、脳下垂体に腫瘍がある場合、胃潰瘍の治療による場合や精神科で治療を受けている場合(ドグマチールという薬の場合が多い)などがありますが、原因が不明である場合もかなり多くのケースで見られます。また、ストレスに左右されることも多くあります。 高プロラクチン血症の治療
西洋医学では薬物の服用がメインです。
パーロデル・・(ブロモクリプチン)標準薬 副作用で吐き気が多い
テルロン・・(テルグリド)副作用の吐き気が軽減されている
カバサール・・(カベルゴリン)週一回の投与で効果を発揮、副作用は吐き気

高プロラクチン血症の治療薬は特徴的な副作用があります。麦角アルカロイド特有の吐き気を催すという部分です。この副作用については医師に相談の上、自分の身体にあった選択をすることが大事でしょう。 
薬剤(例えばドグマチール)でプロラクチン値が高くなっている場合は、薬剤の服用を中止すれば正常値に戻ります。 
本来妊娠すると同時にプロラクチンの分泌が盛んになります。ですから、何もそれをさえぎるようなことをする必要はないわけですので、下垂体腫瘍の方を除けば妊娠が判明した時点で薬の服用を止めてしまいます。 東洋医学での治療
恒常性(ホメオシタシス)とは、人間の様々な機能、活動を一定の状態に安定させる働きをいいます。この恒常性維持に間消しているものに、①ホルモン系(内分泌)②自律神経系 ③免疫系の3つがあり、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、糖質、多糖類によって微妙に調整され、健康が維持されます。逆に、この恒常性維持のバランスが崩れると「病気」になります。恒常性バランスを崩す原因は、栄養のアンバランスとストレスによる免疫力低下です。 
プロラクチン値が高い方の多くは、ストレスとの関係があります。漢方薬ではストレスによる歪みをを改善する処方、例えば抑肝散加陳皮半夏、加味逍遥散、香蘇散など、またストレスにより胃腸が悪く栄養が行き届かない場合は、黄連湯、半夏瀉心湯、安中散など。そして、食生活の改善とともに免疫力のバランスを整え、恒常性を回復させるビタミン、ミネラル、多糖類などを配合していきます。漢方薬は一人一人のオーダーメイドです。相談は無料ですので、御気軽に御相談ください。 痛みや出血等、明らかな症状があっても、なかなか医療機関を受診しない人がいます。特に10代の女性は産婦人科に行くことに対する羞恥心が強いほか、月経や性に関する悩み事を恥ずかしく思いがちです。 
また、高齢の女性では、医療機関に行くと、痛いことをされるのではないか、悪い病気だったらどうしよう・・・などといった心配もあることでしょう。そのため出血などで下着を汚しても家族に隠す人が少なくありません。その結果、重大な病気の発見が遅れて手遅れになることもしばしばあります。 
女性特有の症状も、女性同士なら話していただけるのではないかと思います。些細な事でも、気になることがありましたら、まずはメール又はお電話にて、ご相談ください。

ページ上部へもどる