無料カウンセリングお申し込み
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

よくある症状

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)

多嚢胞性卵巣症候群(多のうほう性卵巣症候群)は女性の卵巣の中で卵子は成熟するのですが、卵巣の外側の膜がかたく、排卵できない排卵障害の代表的な病気の1つです。多嚢胞性卵巣症候群の診断基準として臨床的には月経不順です。初潮から月経不順の方に多いです。 
血液中のホルモン検査やホルモン負荷試験、卵巣の超音波検査で診断すると、ホルモン検査では、LHがFSHより多い(正常のときはFSHのほうが多い)という特徴があります。テストステロンもしばしば増加しています。そして卵巣の形態的変化として超音波検査で卵巣の腫大と未成熟な卵胞が数珠上に卵巣表面に並んでいるのが確認できることが挙げられます。 
多嚢胞性卵巣症候群の症状
最も特徴的な症状は、排卵がおこりにくいことによる月経不順や無月経です。不妊症の原因になることもあります。また、卵胞の中では男性ホルモン(テストステロン)が作られるため、血液中の男性ホルモンが増加します。これも月経不順をひきおこす原因のひとつになります。毛深くなることもあります。また、肥満になることもあります。排卵がないと、卵巣から排卵後に分泌されるはずの黄体ホルモンが分泌されません。このため、女性ホルモンの子宮の内膜への作用に乱れがおき、月経過多や、出血がとまらないなどの症状もおこしやすくなります。 
多嚢胞性卵巣症候群はクロミフェン療法では排卵が起こらないことが多い一方、 HMGを用いて排卵を誘発すると多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を起こしやすい病気です。腹腔鏡下手術で卵巣の表面に小さな穴をたくさんあけ、排卵を促すと方法も行われることがあります。 副腎皮質ホルモンを併用することもあります。 妊娠の希望がない場合は、月経を周期的におこすような治療を行います。これには、カウフマン療法とよばれるホルモン療法や、低用量ピルなどのホルモン剤を使います。 
東洋医学的には、卵巣の表面の血行を良くしたり(お血タイプ)、芍薬甘草湯などのようにLH値を正常に促したりします。

ページ上部へもどる