無料カウンセリングお申し込み
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

よくある症状

おりもの異常

おりものとは医学的には、帯下(たいが)といいます。おりものを具体的いいますと、外陰部や膣、子宮などの女性性器から出る分泌物が増え、本人が自覚できる状態を指します。
おりものには、生理的な現象による生理的ものと病気が原因で起きる病的なものがあります。

おりものの臭いと量が気になる場合、原因としてはいくつかあります。病気が原因の場合や膣内の傷が原因で、おりものが増えた結果、おりものに臭いを感じる場合。元来、その人自身が持っている体質的な場合もあります。
 生理的原因
子宮膣部びらんからの分泌物

子宮膣部びらんとは子宮頚管の細胞が子宮口にせり出た状態のことです。そこから出た分泌物が膣を通って外に出て、おりもの
として感じられます。子宮膣部びらんは女性の半数以上に見られるといわれています。尚、子宮膣部びらんは病気ではないので特に心配はいりません。

性交時に出る分泌物
性的に興奮すると、外陰部や膣、子宮頚管などからの分泌物が増加し、これをおりものと感じることがあります。

排卵期の子宮頚管粘液の増加
生理が始まった日から次の生理が始まる前日までの日数を月経周期といいますが、月経周期の真ん中に位置する排卵日の直前に、子宮頚管の分泌線からの分泌物が増加し、それが膣から出るため、
おりものととして感じるようになります。

卵巣から分泌される女性ホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)のうち、排卵前には卵胞ホルモンが増加します。卵胞ホルモンには、子宮内膜を増加させたり、子宮頚管の粘液を分泌させる働きがあるため、卵胞ホルモンの増加につれて、子宮頚管の粘液の量も増加します。

排卵日が過ぎると、卵胞ホルモンが分泌されていても、子宮頚管の粘液の量は減少します。これは、排卵後に卵巣から分泌される、黄体ホルモンの働きによるものです。黄体ホルモンは卵胞ホルモンの働きを抑制する作用があります。

生理的帯下の多くは、粘液状で白い色をしているという特徴があります。またこれらは生理的現象に伴うものですから、特に治療の必要はありません。

ページ上部へもどる