無料カウンセリングお申し込み
女性の為の健康相談 漢方で不妊の治療「享福漢方薬局」
不妊症などのカウンセリングの流れ
女性の為の基礎知識 健康相談はこちら

ごあいさつ

ごあいさつ

鮒田享子
自信の辛い経験から漢方薬を学び始めました。

私自身が総合病院に薬剤師として勤務していた頃、病院では患者の身体は治せても心は治せない事が殆どでした。また、私自身生理不順で寝込む程ひどかったのですが、治療は鎮痛薬しかありませんでした。生理がくる度の嫌な思いは忘れません。しかし、女性特有の症状は、女性でも同じ症状に悩む人しか解りませんし、まして男性なら、なおさらです。些細な事でも、誰にも聞けず不安で一杯でした。だからと言って産婦人科で受診するのは抵抗がありました。そこで漢方を勉強し、まず自分自身を治す事に専念しました。そうしたら、あのいやな生理痛がうそのように無くなりました。それで、同じ思いで苦しんでいる女性の少しでも助けになりたいと思い漢方専門相談薬局を開設しました。

また、漢方相談を受けている患者さんが、本当は何を訴えているのかを聞き出すには、心理学が必要です。責任あるカウンセリングをする為に、深層心理学を学び、今では専門家として指導できるようになりました。心療内科があるように人間のもつ深層心理を捕らえて開放させなければ、本当の病気は治せない事もあります。享福漢方薬局は、その人自身を取り巻いている環境も含めて、健康相談だけにとどまらず、人に言えない悩みや愚痴のいえる憩いの場にしたいと思っています。


お実様の本音を知りたくて心理学も学びました。

相手の心を元気にする為には、カウンセリングも大変大切です。でも、専門家でないと誤った方向に導く場合もあります。薬局で相談している内に、責任あるカウセリングをする為に深層心理学を専門家に学び、今では専門家として薬剤師や薬局のオーナーを指導しています。心療内科があるように、人間のもつ深層心理を捕らえて開放させなければなりません。心が病んでる方、いつでもどうぞ。



お実様との二人三脚の改善を目指しています。

享福漢方薬局へは、女性男性を問わず多数の方が全国から来られます。勿論、遠方の方は電話で問診をさせていただく事もあります。妊娠率は非常に高く、早い人では次の生理が来る前に妊娠されました。不妊症である為に、殆どの方は心も身体もボロボロになって、享福漢方薬局に来られます。でも、大丈夫!一人ではなく、一緒に頑張ろう!という思いで取り組めば妊娠できます。妊娠が解った時に一緒に抱き合って泣いた事もあります。今の一番の楽しみは、年賀状にお子さんの写真を皆さん送ってくださる事です。

プロフィール

・鮒田享子(ふなだきょうこ)1961年生まれ
・出身地大阪市
・近畿大学薬学部卒業後、総合病院で薬剤師として勤務。心と体の両面から元気になれる相談薬局を目指し、享福漢方薬局を
平成元年に開設。

■取得資格
薬剤師、日本深層心理医学会教導師

■会員
関西漢方研究会講師、日本漢方研究会会員

ページ上部へもどる